ビジネスマンと色々なグラフ
  • ホーム
  • 投資としての新規IPOと寅壱の上場について

投資としての新規IPOと寅壱の上場について

株式に上場するときには新規IPOとして決められた市場に上場します。
その株は誰でも購入できるわけではなく、株式の割り当てのある株式会社から購入の申し込みをして、抽選に当たれば実際に手に入れることができます。
新規IPOというのは投資でも人気のある方法のうちの一つです。
その理由として上場をしたばかりの株は購入金額よりも高い価格がつくことも多いためです。
株価は購入した価格より売却した価格が高ければそれが利益となります。
そうしたことから、利益を上げやすいためです。
長期で持っておくにもその会社の業績が良ければ、投資の一つの手法となります。
ただ、利益が上がりやすいため、必ず購入できるということはありません。
外れる確率のほうが極めて高いため、こつこつと当選を狙い続けることが必要です。
新規IPOとして申し込めるのはその会社から正確に上場のお知らせがあり、割り当てられた証券会社が購入の申し込みを始めてからです。
ただ、上場する前からその会社が上場するのではないかと話題に上ることがあります。
それらの話題は根も葉もない話であることもありますが、少しして実際に上場するということも少なくありません。
そのため、お気に入りの会社が今後上場する可能性もあるでしょう。
作業服などを扱う寅壱も現在は上場していない会社のうちの一つです。
今のところ寅壱で、新規IPOでの上場の話はありません。
上場するのではないかという噂も見当たりませんが、気になる場合には寅壱の会社や新規IPOの情報を追っておけば上場の話が出てくるかもしれません。
上場したときに投資として寅壱の株を買いたければあらかじめ証券会社の口座を持っておくと、安心でしょう。

関連記事