ビジネスマンと色々なグラフ
News
株式のグラフ

投資信託とは、多くの人から資産を集めて、ファンドマネージャーという専門家がまとめて運用を行うこと方法です。
個人で株を購入するとなるとまとまったお金が必要ですし、購入した会社の業績が直結するので大きなリスクが伴います。
投資信託は個人の資産は少額から可能ですし、集まった資金で、幅広い運用が可能になりリスクが分散できます。
ただ専門家に任せるといっても、将来の運用成果が保証されているわけではありませんので、元本を下回る可能性があります。
そのため様々な商品の中から、個人のニーズやリスク許容度にあった商品を選ぶ必要があります。
種類としては、まず何に投資しているかによって分類されます、国内債券・国内株式・外国債券・外国株式・不動産・金などや、また全てを含むバランス型などがあります。
また同じ国内株式の商品でも、日経平均株価やTOPIXに連動した動きを目指すインデックス型と、ファンドマネージャーが独自に銘柄まで選定して日経平均株価やTOPIXを上回る動きを目指すアクティブ型があります。
アクティブ型の中でも、各商品によって運用商品が異なります。
ローリスクローリターン、ハイリスクハイリターンの商品や、ローリスクハイリターンの低位株情報など希望に合わせて少額からできるのです。
また元本は保証されてはいませんが、安全性は確保されています。また株は購入している会社が倒産してしまえば、株価の価値はなくなります。
けれど投資信託は数百数千という投資先に分散しているので、個々の銘柄の影響は大きくありません。
例えば国内株式の投資信託であれば、国内市場全体が下落しない限りは大きな損失は免れるということです。
投資初心者であれば、投資信託で、また日経平均株価やTOPIXに連動するインデックス型なら日々のニュースで動向を確認できるので始めやすいと思われます。

記事一覧
日本円の一万の札

ある会社へ投資をしたい場合、その会社の株式を取得することが最も一般的かつシンプルな方法です。 投資で...

自信を持っている男性

株に投資をするのであれば株価指数というものは無視することが出来ず、株価指数をチェックすることで株価暴...

セミナーを参加している人たち

預貯金と株式投資の最大の違いは、元本保証の有無です。 国民金融資産の大多数が預貯金と国債などの債券が...

色々なグラフ

上手な投資と聞くと少ない資産をどんどん増やしていくことをイメージしがちですが、資産を大きく増やそうと...